FC2ブログ

2015-03

2015 J1 ヤマザキナビスコ杯(予選リーグ第2節) vs 新潟(出来なかった自分たちのサッカー)

土曜日の試合は正に心配していた通りの結果となりました。ただ負けなかったことは評価します。
が、あまりにも不甲斐ない闘いでした。青山選手不在時は攻撃の要がいなくなります。結果論ですが茶島選手をボランチで起用することを考えてもらいたいと思いますし、前の試合で良くなかった選手を続けて起用することが得策ではないとの判断をしてもらいたいと思います。

実際、ミキッチ選手から清水選手に代わってサイド攻撃が活性化しました。相手の疲労を差し引いてもやはり清水選手先発のほうが良かったのではないでしょうか。ドウグラス選手については、前回も書いたのですが、ボールを貰いにいく傾向があり前線でタメが作れません。原因の一つは、ボランチが前にボールを運ばないから貰いにいく。前線が薄くなる。これでは起用する意味が無いと思います。

皆川選手は今シーズン初出場でしたが、自分のできるプレーをやっていたと思います。もっと早めの投入で流れを変えたほうが良かったと思います。

幸い同グループの他の試合も引き分けということで、3節で仕切り直しが可能です。これからは、リーグ戦の中日に試合があることでもあり、もっとメンバーの入れ替えをやりながら、勝ち点を重ねてもらいたいものです。
スポンサーサイト

vs 新潟(試合終了)

0-0

負けなくっていい試合でした。ただ、采配に積極性が今年もないですね。

vs 新潟(前半終了)

0-0

ただし、新潟のボールに対する出だしがはやいですね。広島は引き過ぎて前線に人がいません。
ミキッチ選手・森崎浩司選手は浦和戦同様低調なパフォーマンスです。

2015 J1 ヤマザキナビスコ杯(予選リーグ第2節) vs 新潟(自分達のサッカーができるか)

明日は、アウェーで新潟とナビスコ杯第2節を闘います。
広島は1節に試合がなかったので、今シーズン最初のナビスコ杯の試合で、かつ2年ACL出場で免除されていた予選リーグでの試合です。正直、ナビスコ杯の予選リーグは得意としておらず2007シーズン以降突破していないのが現状です。
計6試合を行うのですが、明日の試合以外が水曜日開催です。逆に言えば、明日だけはリーグ戦同様のメンバー闘うことができ、両チームの力がわかる試合になるのかぁ~って思っていたのですが、ご存知のように日本代表並びにU-22日本代表で両チームから選手が選ばれておりす。
新潟はU-22日本代表に鈴木選手・松原選手、同韓国代表にソン選手が選出されていますが、リーグ戦1.2節をみる限りでは先発出場がないこともあり実質ベストメンバーが組めるようです。方や広島は日本代表に水本選手・青山選手、U-22日本代表に野津田選手・浅野選手が選ばれていることは試合に挑むにあたって不安があります。特に青山選手は昨シーズンのW杯明けの離脱からチームが低迷していたことを考えると一番の不安要素です。

水本選手の代わりは間違いなく、佐々木選手で確定だと思います。が、中盤と前線は少し悩むことになりそうです。青山選手の代わりは昨シーズンだと無条件で柴崎選手だったでしょうが、そのまま使うか宮原選手起用や前の試合でシャドーの位置を務めた茶島選手も考えられなくはないと思います。サイドは柏選手は間違いないでしょうがミキッチ選手は個人的には休ませた方がいい気がしています。浦和戦はあまり良くなかったですから。そうすれば、清水選手の起用が考えられるかも。

前線の3人は、試合間隔も十分あるということで佐藤選手は行くと思いますが、森崎浩司選手はミキッチ選手と同じ理由で休ませたほうがいいと思っています。茶島選手は十分考えられますが、ドウグラス選手・工藤選手・皆川選手を組み合わせることにチャレンジすることも面白いのではないかと思っています。

どうのこうの勝手に言ってますが、複数の選手が抜けても2015シーズンの広島サッカーができるかどうか。勝敗はここにかかっていると思います。

2015 J1 1st 第3節 vs 浦和(新たな希望)

日曜日、広島はホームで浦和と対戦しました。
結果は0-0のスコアレスドローでしたが、この試合前半、U-22日本代表に招集されている浅野選手の代わりに先発した茶島選手の良さが目立っていました。ミスもあったのですが、前に出る思い切りの良さが全面に出ていて、今シーズンの新たな希望として期待せざるをえません。
ただ、後半はガス欠気味でしたが・・・。

浦和は火曜日にACLアウェーを戦った後のこの試合でしたので、普段より少しおとなしめの攻撃陣でした。ただ、2012シーズンの開幕戦の勝利以来リーグ戦では勝てていないチームです。ワンチャンスをものにされ煮え湯を飲まされ続けていたことを考えれば上出来ではないでしょうか。後半の千葉選手自らのミスの後の李選手へのコンタクトがPKをとられなかった事も幸いでしたがw

試合は、前半45分は完全に広島ペースでした。前述した茶島選手を含め、惜しいチャンスが何度もありました。ここで決め切ることが出来ないのが残念ですが。ただ後半は一気にペースが落ち様子見のような展開になってしまいました。ドウグラス選手を終盤佐藤選手に代え起用したのですが、開幕戦のようなパワープレーにならなかったのがもったいない気がします。もっとドウグラス選手が真ん中で張っていたほうがいいと思うのですが、サイドに流れる傾向がありここが修正点では・・・。それと調子そのものがわからないのでなんとも言えないのですが、皆川選手が終盤起用できれっばターゲットが二人になり相手チームも嫌がる気がするのですが・・・。

浦和に勝ち点3を与え続けていたことを考えれば、優勝争い相手に勝ち点差をつけられなかったことを個人的には評価したいと思います。

2015 ACL グループリーグ 3節 (3/17結果)

昨晩は柏がホームで山東と、浦和がアウェーで北京と対戦しました。

柏は先制したものの追いつかれる展開となりましたが、試合終盤に勝ち越し勝利しました。勝負強さが目立った試合となり2勝1分の勝ち点7で得失点の関係でグループ2位となっています。1位は開幕戦引き分けた全北です。

浦和は後半30分まではスコアレスの戦いでしたが立て続けに失点し3連敗となりグループ4位のままです。ただ、このグループは得失点差が大きく開いているわけでなく、力が拮抗しているように思われます。3連勝して立て直すことができれば、予選リーグ突破も不可能ではないと思います。

2015 J1 第2節 vs 松本(辛勝)

松本観光をして昨日の夜帰宅しました。
久しぶりの観戦で先週は疲れ切ってしまいましたが、久しぶりの長距離移動でまた疲れきってしまいましたw

松本のホームスタジアムのアルウィンは聞きしに勝る素晴らしいスタジアムでした。そしてサポーターも同じで浦和や鹿島のようなは迫力はないものの、間違いなく選手を一歩先まで走らせる後押しをしていました。それが、終盤の広島のバタバタにつながったと思います。迫力がないといったのはサポーターの年齢層が違っているのが原因でしょう。首都圏若者がメーンとなっているクラブではなく、家庭的で家族で自分の街のクラブを支えている雰囲気が伝わってきました。
このことは、松本駅についてから食事をしてシャトルバスに乗って・・・、ずっと感じられました。決して全面に出すことはないけど、心から愛しているといった感じです。

試合は甲府戦同様積極的に前半から勝負して、柏選手のゴール、森崎和幸選手のプレーがファールをとられPK、そして同点、アディッショナルタイムに森崎浩司選手のFKにより勝ち越しと慌ただしい展開となりました。
まだ、試合をゆっくり観ていないので明確には言えないのですが、PKを与えたシーンは・・・、ウ~ンどうなんでしょうね。
そして、逆に松本はリーグに意見書を提出したというFKのシーンはあきらかに早く動いていますし、そうでなければハンドでPKを与えてもらえるシーンだったような。まぁ広島側の目線ですからアテにはなりませんがw

ただ後半は、あまり良くなかったですね。特に終盤は責められ続けました。甲府戦ではドウグラス選手の良さが目立ちましたが、今節は石原選手・高萩選手のキープ力が欲しい展開となってしまいました。この点は、采配の問題だと思います。以前から指摘しているように森保監督はどうも前任の監督同様、決まりきった選手交代をしてしまう気がします。
ここを改善してもらいたいですね。

リーグ戦はこれで2連勝をしたことになり、3節では広島と得失点差まで同じ(マネるなw)浦和との首位攻防戦となります。まぁ、順位を云うのは早いですが、この試合が今シーズンの成績を占う上で非常に重要な試合となります。

2015 J11st 第2節 vs 松本(総力戦)

明日は今シーズン初めてJ1の舞台で闘う松本とアウェーで対戦します。

松本は開幕戦、名古屋と3-3のドローでした。試合を見た感想は、戦術をシンプルにしチーム全体で守り攻めるわかりやすいサッカーをしていました。攻撃面ではセットプレー(CKとロングスロー)が脅威に感じました。流れの中ではわかり易い戦術でしたが、ことセットプレーになると策士反町監督の本領発揮です。

選手個々は、決してJ1上位の実力とは言い難いのですがチームとしてはよくまとまっています。このチームの中にはサポーターも含まれます。近いとはいえ豊田スタジアムに1万人集まった力は相当のものでした。ましてや明日はホーム開幕戦。埼玉県の某スタジアムに負けない雰囲気になることは火を見るより明らかです。

広島は、U-22の試合で浅野選手・野津田選手が出場しましたが、昨シーズンのようなACLでの疲労を考えると余裕があると思います。甲府戦のような闘い方ができるかどうかが、勝敗の鍵となりそうです。決して昨シーズンのように前半様子見のサッカーをしてしまうと松本にペースを握られかねません。ここを注意し、普段の広島サッカーを見せてもらいたいものです。

2015 J11st 開幕戦 vs 甲府(新しい武器を手に入れた)

土曜日の甲府戦は広島の新しい闘い方を見せてくれた気がします。

基本はサイドの攻撃を中心としてのパスサッカーですが、ペナルティエリア付近から積極的にシュートを打っていました。
、甲府の守備が昨シーズンと比べ厳しくなかったのも要因の一つだとは思いまが、あきらかに闘い方の修正ができていた気がします。
ただ、決定機を外す回数は昨シーズン同様ですね。確実に決めたのは佐藤選手のゴールだけでした。もっと精度を上げる必要がありますね。
そんな中、交代で入ったドウグラス選手と佐々木選手が広島の新しい武器になり得る2点目でした。
昨シーズンですとCKからの得点の臭がする選手は、DF陣3人しかおらず(佐々木選手はDFですが、この試合ではミキッチ選手の位置でのプレーでした)、淡白な攻撃でしたが、あの場面は迫力がありました。

甲府は伝統のプレスが弱かった気がします。樋口監督に代わり戦術の浸透がまだのようです。それと監督は横浜時代4バックでDFを組み立てていたのですが、クラブの要望で3バックで戦っているようで・・・。その辺りを早急に整理する必要があるように思っています。

まだ17試合のうちの1試合。これからが勝負になります。前に書いた通りどう得点を取るかここが今シーズンの鍵ですので、結果に満足せずに更に高みを目指してもらいたいものです。

2015 J1開幕戦 vs 甲府(難敵との勝負)

元来甲府との相性は良くない広島です。甲府の監督が変わっても広島の監督が変わっても、圧倒した勝利を見た記憶がありません。
それだけ甲府のチーム作りが低予算の中にあってもしっかりしているのでしょう。ましてや、監督は前横浜の樋口氏となれば、正直厳しい闘いになることは明らかです。

一方広島は、川崎選手の負傷があったものの、開幕戦にベストメンバーで挑むことが出来る状況です。昨シーズンの2シャドーの2人の代わりに誰を先発起用するかが一番の注目点です。中々トップの佐藤選手とキャンプ中は息が合わなかったようですが、広島に帰ってからの調整でどのぐらい合わすことが出来たか。明日の勝敗はここにかかっていると思います。

このような状況ですが、逆に言えば2シャドーを色々試せる楽しみがあると思っています。

守備面については、佐々木選手の加入、昨シーズンの宮原選手の出来、不安は大きくないと思っています。ちょっと前までは攻撃面の不安より守備面の方が大きかったのですが、反対になってしまいました。

何はともあれ、2015シーズンが始まります。サポーターもスタジアムに足を運び選手とともに力を「結集」しましょう。

2015 ACL グループリーグ (3/4結果)

昨晩は、浦和と鹿島がACLグループリーグを戦いました。

結果は、どちらとも0-1で敗戦し、2連敗スタートとなりました。

鹿島の試合をPCで観ていたのですが、ソウルはあいかわらず荒いサッカーをしますね。鹿島だとそれでも戦えると思ったのですが・・・。ファン選手が出場しました。
浦和は観ていませんw

2015 ACL グループリーグ (3/3結果)

昨日ACLグループリーグ第2節がおこなわれ柏はビンズオン(ベトナム)をホームに迎え対戦しました。
ビンズオンにはベトナムの英雄で札幌でプレーしたレ・コン・ビン選手が居ましたが、結果は順当に5-1の大差で柏が勝利しました。
前半1点目が入るまではしっかり守られ、チャンスが少なかったですが、前半終了まぎわからスタミナ切れなのでしょうかプレッシャーが目に見えて緩くなりました。

G大阪はアウェーで城南(韓国)と対戦し0-2で破れ2連敗となりました。ん~何が悪いのでしょうね・・・。

川辺選手 磐田へ育成型期限付き移籍

川辺選手が磐田へ育成型期限付き移籍し、早速トレーニングマッチにも出場したようです。

磐田の名波監督が必要としてのオファーだったようです。是非、磐田を昇格に導いて来シーズン広島で活躍してもらいたいと思います。

因みに、最後の最後までユニフォーム川辺選手にするか悩んでいたのですが・・・。しとけばよかった・・・。

«  | ホーム |  »

SANFRECCE HIROSHIMA

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SANFRECCE (349)
アウエー結果 (27)
J1 (14)
J2 (4)
その他サッカー (27)
旅行 (8)
物欲の日々 (1)
未分類 (198)
SANFRECCE 2013 ACL (2)
SANFRECCE 2014 ACL (3)
2019ACL (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR