FC2ブログ

2013-08

vs 東京(試合終了)

1-2
今日も面白くない試合でした。
高萩選手の起用に疑問を感じます。
スポンサーサイト

皆川佑介選手(中央大学)の新加入内定

広島は昨日、過日練習に参加していた皆川佑介選手(中央大学)の新加入内定と発表しました。
今の広島にはいないタイプのFWということで、期待しています。

中央大学ということで、来年のユニフォームの番号は皆川選手で決定です。

【中央大学サッカー部 私の苗字】 で検索してみて下さい。
我が家の関係者がいますw

2013 J1 第23節 vs甲府(森保広島、最悪の低迷期)

昨日の甲府戦だけでは語ることが出来ない内容です。8月に入ってからの広島は森保監督になってから最悪の低迷期を迎えていると言って過言ではありません。

自分たちのサッカーができていないんですから。大分戦だけは5分5分の闘いでしたが、それ以外は最悪です。
スピード感はないし、連携がうまく取れないし・・・。確かに猛暑の中で厳しい試合が続きやむを得ない部分もあるでしょうが、そう入っても相手も同じ。かつ大分・甲府という残留争いのチームに1分1敗の勝ち点1しか積み上げられなかったことは非常に残念です。

怪我人の問題もあるでしょうけど、春先も同じような状態だったのですが、その時には感じられなかった閉塞感が伝わってきます。色々ありますが、ベストな状態でない選手を引っ張りすぎていると思います。ハッキリ言って高萩選手と佐藤選手です。あまりにもプレーが軽すぎます。

幸いまだ2位、首位とは勝ち点差3という位置にいるのですから、まだチャンスは幾らでもあります。ダイナミックな選手起用をお願いしたいものです。

2013 J1 第23節 vs甲府(最悪な試合)

0-2

広島は何もできませんでした。最悪です。

今日は試合なんですが・・・

土曜日の大雨の関係で仕事が・・・。

今日の甲府戦、生で観られるかなぁ・・・。

vs大分(試合終了)

1-1
残念な試合でした。また勝ち点を落としてました。

2013 第21節 vs 名古屋(強かった・・しかし・・・)

5連勝中の名古屋を迎えて広島は慎重に闘いました。守備の要である森崎和幸選手を欠いているのだから仕方のない事です。

ただ、名古屋の監督や選手からすればいつものサッカーで試合に臨んで欲しかったようです。それが試合終了後の監督や選手の言葉から窺い知れます。
ただ、首位を走っていた(過去形orz)でも常に勝ち点3を取りにいける状況ではありません。この試合は前述した森崎和幸選手の欠場、清水選手・高萩選手の不調も相まってベストな状態ではなかったのですからやむを得ない選択だと思っていますし、名古屋の強さをリスペクトした結果です。

名古屋は練習を非公開にしてまで広島対策をしてきたわけですから、納得いかないかもしれませんが勝手に広島がいつもの闘いをすると思っていた方がどうなんでしょうね。

しかも勝って広島の闘いに不満を言うならいいのですが、引き分けで不満をいうのは・・・子供でしょう。

書いたように清水選手・高萩選手が目立ってよくなかったですね。ただ清水選手の交代にパク選手起用が最後に仇となりました。
ミキッチ選手の先制時まで一方的な名古屋ペースの試合でしたが、追加点を取れなかった(チャンスはあったと思います)ことが勝ち点を2減らした原因です。
同点の場面は、広島DF人に疲労の色が濃く出ていました。確かにあれだけ守っていると集中力も切れると思います。パク選手がもっと闘莉王選手にプレッシャーをかけていたらとか、残念な部分はありますが、広島としては最悪な結果とはならずに満足はできぬとも不満を持つほどの結果ではなかったと思います。

残念ながら首位陥落してしまいましたが、まだ十分チャンスは有ります。大分・甲府のアウエー2連戦は慎重かつ大胆に連勝を狙うことが最低のノルマだと思います。

2013 第21節 vs 名古屋(いよいよ・・・)

岡本選手が間違いなく今度は出場する試合です。気合い入りすぎないといいですが・・・。

広島は明日ホームで名古屋と対戦します。5連勝中と絶好調の名古屋ですので、厳しい闘いが待っていると思います。
特に、森崎和幸選手が出場停止ということで、守備力の総和が下がっています。

名古屋もケネディ選手・中村選手が出場停止ということですから、若干攻撃力の総和が下がっている気がしますが、玉田選手・藤本選手・小川選手・闘莉王選手、そしてケネディ選手の代りに入るであろう矢野選手と攻撃陣は脅威を感じます。あわせてまさかの永井選手先発だと嫌な感じとなります。

広島の守備力の総和が下がると書きましたが、この試合は岡本選手の出来にかかっていると言って過言ではありません。かれが、鳥栖で見せた成長を広島のプレーで表現できたら守備の形は変わるのでしょうけど、総和は下がることがないのでは・・・。

攻撃陣ではやはり高萩選手の出来が気がかりです。久しぶりにインターバルを十分取れたわけですから、広島の「10」の意地を見せてもらいたいと思います。

移籍等情報

石川選手の仙台への移籍が決まって驚いていたら、他にもいっぱい動きがあってびっくりしました。

一番びっくりしたのは、大宮ベルデニック監督の解任です。昨シーズン途中から指揮を取り2シーズンをまたぎ無敗記録をつくり、首位を一時は独走して残留争いの常連だったチーム力を一気にあげ現在4位のチームの監督が解任されました。新聞には「チームとして今シーズンの目標を達成するため、監督交代を決断しました」と記されているが・・・。???不思議な話です。チーム内に色々あったのでしょうけど、解せない人事です。

次に広島が次節対戦する名古屋にFW永井選手が復帰。ケネディ選手・中村選手が出場停止で喜んでいたのに・・・w

監督といえば鳥取の小村監督も解任されました。シーズン当初は良かったのに何の歯車が狂ったんでしょうね。
止むを得ないでしょう。

鳥栖に清水のGK林選手が移籍。20節の録画を見て初めて知ったのですが、鳥栖のGK3人が怪我ということで、特別強化選手がGKで出場したとのこと・・・。我チームの原選手を貸してもいいかなと思ったのですが、やはり一人怪我があれば2人体制では心もとない事に気づきましたw

冒頭に一番びっくりしたと書いたのですが、本当にびっくりしたのは梶山選手の大分加入でした。8月6日の発表でしたが全く知りませんでした。というか、FC東京には必要でないのでしょうか?

2013 J1 第20節 vs 磐田(決定力の差)

随分たちましたw土曜日の試合から・・・
お盆前は色々と忙しく・・・お盆になると暇なのですがw

磐田戦を振り返ってみます。
主役は磐田です。なぜ今の順位なのか?なぜ勝てないのか。昨シーズンのG大阪並に不思議です。いやそれ以上かも。
G大阪より守備は安定していますし、攻撃のタレントは多く居ます。前田選手をベンチにおけるぐらいのメンバー攻勢ですから。ゴールを決めた金園選手も日本代表に選出されたほどの選手で実力は十二分に評価できるものです。

それでも勝てないのは・・・。一つ原因があるとすれば、ペナルティエリア付近でボールを回しすぎる気がします。そこまではボールを持っていくのですが、ラストパスがフィニッシャーに届かないこと、これがあると思います。
少し戦術をシンプルにしたほうが決定力も上がる気がします。

逆に広島は、少ないチャンスを無理やりこじ開け2点を奪った気がします。
この差が今の順位と勝ち点差そのものではないでしょうか。

ただ、磐田は十分挽回できる実力はあるのですからもう一度戦術を見なおすべきだと思います。

石川選手 仙台に期限付き移籍

急は発表でした。まぁそんなもんでしょうが・・・w

石川選手の仙台への期限付き移籍が発表されました。

新天地で頑張ってもらいたいですね。応援しています。

vs 磐田(前半終了)

1-0
ゆっくりとした試合です。失点を先ずしないサッカーをしています。

キリンチャレンジ杯2013 vs ウルグアイ代表 メンバー発表

個人的には土曜の浦和戦を引きずっています。昨年は浦和戦の後台湾に行ったのでそうでもなかったのですが、今回は引きずってますorz

9月14日に仙台で開催されるキリンチャレンジ杯 ウルグアイ代表との試合のメンバーが発表されました。
 
日本代表メンバーは以下のとおり。

▼GK
川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
西川周作(広島)
権田修一(FC東京)
▼DF
駒野友一(磐田)
今野泰幸(G大阪)
伊野波雅彦(磐田)
長友佑都(インテル/イタリア)
内田篤人(シャルケ/ドイツ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井高徳(シュトゥットガルト/ドイツ)
▼MF
遠藤保仁(G大阪)
長谷部誠(ヴォルフスブルク/ドイツ)
青山敏弘(広島)
高橋秀人(FC東京)
山口螢(C大阪)
▼FW
豊田陽平(鳥栖)
岡崎慎司(マインツ/ドイツ)
本田圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)
香川真司(マンチェスター・U/イングランド)
清武弘嗣(ニュルンベルク/ドイツ)
柿谷曜一朗(C大阪)
工藤壮人(柏)

青山選手が選出されました。しかし懲りずにといっていいのか・・・、駒野選手と今野選手・・・どうなんでしょう。

2013 J1 第19節 vs 浦和(また何も出来なかった・・・)

土曜日の試合広島は何も出来ずに1-3という予想外の敗戦でした。

昨シーズンの開幕戦、広島が圧倒した内容だったのですがそれ以降ナビスコ杯を含め4連敗となりました。広島の選手は少し浦和戦に気負い過ぎている感があります。それが空回りしてしまった結果だと思います。
特に問題は守備陣が良くなっかたことが直接の敗因ではあります。3失点すれば勝つはずもありません。

ただ、さすがに2試合続けて本調子でない選手を起用し続け連勝できるはずもありません。完全に監督のミスだと思っています。たしかに高萩選手は替えの効かない選手ではありますが、彼のプレーで勝敗が決まってしまうことは残念です。少しリフレッシュさせる時間をあげたほうが良かったと思います。

相対的に判断して、もっと柔軟な選手起用をお願いしたいものです。この選手にこだわり過ぎると足元を救われる気がします

2013 第37回日本クラブユースサッカー選手権 準決勝 vs 清水

広島ユースは 2013 第37回日本クラブユースサッカー選手権 準決勝 を清水ユースと闘い3-2の逆転勝ちで決勝に駒を進めました。

ミスで1-2と勝ち越されたものの、後半30分すぎから運動量で圧倒していました。

2013 J1 第19節 vs 浦和(冷静な闘いができるか・・・)

明日は、アウエー浦和戦です。

今シーズン開幕戦で負けた浦和戦です。あの3人がいる浦和戦です。あの監督が指揮する浦和戦です。通訳が・・・。

こんなことを過度に考えることなく、冷静に普段通りのサッカーが出来るかどうか。勝敗の鍵は広島側のメンタルだと思います。
大宮戦のように運動量が上がらなくても、最後の最後で踏ん張りきれるかだと思います。

日本代表の疲労度合いからすれば浦和のほうが軽い気がします。原口選手は前節途中出場ですし、森脇選手は休養十分、しかも得意のアデッショナルタイムで決勝ゴールということで気分も乗っています。

戦術も当然似通っており手の内は十分すぎるほどわかっている両チームですが、個人的には広島がサブメンバーは良い感じがしています。実力というより勢いですが。
レギュラー陣の実力差は少なく感じますので、交代戦術が重要だです。

監督のテンプレートですと左右サイドとトップを交替するのですが、大宮戦の両サイド、清水選手・ファン選手は非常に良かったです。特にファン選手は最初のクロスをあげた場面は積極性もあり、今までの印象を大きく変えるものでした。そしてシャドーに入った岡本選手も面白かったですし、当然野津田選手というカードもあるわけですから期待が持てます。

中2日の試合ですので、どれだけ辛抱できるか、集中力を切らさずにいられるかが勝敗を分けるポイントです。

2013 J1 後半日程発表

9月以降の開始時間等が発表されました。


09/14(土)19:00 川崎F 等々力 参戦予定
09/21(土)14:00 新潟 Eスタ 当然参戦
09/28(土) 15:00 鳥栖 ベアスタ 参戦予定(佐賀陸上競技場でなくてよかったw)
10/05(土)16:00 清水 Eスタ 当然参戦
10/19(土)15:00 横浜FM 日産ス 参戦検討中
10/26(土)16:00 仙台 Eスタ 当然参戦 
11/10(日)13:00 柏 柏 参戦したいのですが、仕事です
11/23(土)14:00 C大阪 金鳥スタ 参戦予定
11/30(土)14:00 湘南 Eスタ 当然参戦
12/07(土)15:30 鹿島 カシマ 偶然ですが本当に偶然なのですが5日・6日東京出張なので・・・

2013 第18節 vs 大宮(大きな勝利)

当然すべての勝利に優劣はない。同じである。
だけど昨日の大宮戦の勝利はやっぱり大きかった。勝ち点が同じチームに勝ったことより、チーム状態が広島より良かったチームに勝てたことです。

先制点が早く入りすぎた感じである。こんな状況の試合は得てして難しい闘いを強いられているのが広島の現状であり、昨日もそうでした。
その原因の一つはやはり青山選手・高萩選手の疲労度合いでした。

頑固な監督は私の予想をいつものように外し、日本代表戦に出場した選手を起用してきた。当然といえば当然ではあるが・・・。そして上記の2人の動きの重さが広島の攻守にわたってバランスを崩していたように思う。
パスがつながらない、クリアボールを収められない・・・。

序盤の得点がなければ大宮の一方的な内容でした。そして、同点ゴールされた時には逆転までいくだろうなと思えるほどチームの運動量が無くなっていました。そして実際、あの冨山選手のシュートがポストで弾かれなかったら・・・。

それでも広島は勝ちきりました。そして主役は石原選手でした。孤軍奮闘(佐藤選手も昨日はあまり良くなかった)で攻撃の核となり、献身的な守備をこなしていました。その努力に神様は自身初となるハットトリックをプレゼントしてくれたと思います。

それと、新たなオプションとして岡本選手のシャドー起用。良かったですね。一人大宮が少ない中での起用ですので、正確な評価は次の機会にしますが、井波選手のサイドとともに面白い存在になると思っています。

«  | ホーム |  »

SANFRECCE HIROSHIMA

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SANFRECCE (349)
アウエー結果 (27)
J1 (14)
J2 (4)
その他サッカー (27)
旅行 (8)
物欲の日々 (1)
未分類 (198)
SANFRECCE 2013 ACL (2)
SANFRECCE 2014 ACL (3)
2019ACL (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR